お子さんに将来どんな大人に育ってほしいですか?

Chicora学園は定期テストや受験はもちろんのこと、その先の社会人になっても役に立つ力をつけることを目標にしています。

子育はよい高校、よい大学に行かせるのがゴールではないはずです。よい人生を送れるようにすることだと思います。そのためには学生時代だけでなく、社会に出てから活躍できる力を子供のうちからつけることができたら最高だと思います。

そのようにお考えの方は、ぜひ一緒にChicora学園でお子さんの将来を考えて、育てていきましょう。

参加型学習を取り入れた新しいカタチの塾です

近年、学校でも参加型学習(アクティブラーニング)が取り入れられてきています。

また昨今は大学入試改革についてもいろいろと騒がれています。混乱している時こそ、大学入試改革のそもそもの目的を確認すべきです。大学入試改革の目的は「変化の激しいこれからの時代でも生き抜く力を育てる」ことです。

その力をつけるために必要なのは、今までのようなペーパーテストで測れる学力だけではないはずです。考える力、表現する力、人と共同で作業する力なども求められます。

その時に従来の塾のようにテストの点数だけ追い求める塾では足りないと思います。Chicora学園では参加型学習を通して、考える力、表現する力、人と話し合う力などもつけていきます。

「学力の三要素」を育てる塾です

 将来活躍できる大人になるためにつけるべき力とは、実はすでに国から示されています。それは「学力の三要素」と呼ばれ、①知識・技能②思考力・判断力・表現力③学びに向かう力と示されてれています。
 今までの教育現場では①の知識・技能が重視されていて、多くの学習塾も知識・技能を身に着ける場でした。しかし今後は②、③の力もつけていく必要があります。
 Chicora学園では知識・技能はもちろんのこと、②、③の力もつけられるような授業を取り入れています。これからの時代で必要になる力を一緒につけていきましょう。