今日のChicora学園(2/26)エアコン買い替え

今日、教室に来たら「テスト下がった〜」と言っている子がいました。

その子は入塾してから1年間ずっと点数が上がり続けていたので、そろそろ少し下がってもおかしくないなと覚悟はしていました。(昨日も書きましたがテスト5回以上連続で上がるのはかなりすごい)

で、その子のテストを全部見せてもらったのですが、5科目合計は1点上がっていました。

5科目中3科目上がっていて、しかも数学は入塾後最高点(1年の一番最初のテストについで2番目のいい点)でした。

でも「下がった、最悪だ〜」と言っています。

「上がってるじゃん」と言ったら「1点じゃ上がってるに入らないんですぅ」「10点上がらないとダメなんですぅ」と言っていました。

1点でも上がったら「上がった」だかいいと思うんですけど、本人的には満足してなかったようです。

今回は計画とかしっかり立ててがんばって勉強していたみたいですからね。

悔しかったのだと思います。

でも、そういう気持ちはわかりますね。

テストの点はみんなある程度目標がありますからね。

仮に前回より上がっても、その自分の中の目標に達していなかったら、それは悔しいです。

だから一概に点数だけで「よかった」と言えないことはありますよね。

あともう一つその子のいう通り「1点では上がったと言えない」に同意できる点があります。

それは平均点がどうなるかわからないということです。

おそらく今回はその子の陵成の中2は平均が少し上がるんじゃないかなと思います。(うちの子をみている感じ)

平均が5点上がったらだいたいみんな5点上がっていることになりますので、1点しか上がっていないなら周りに比べると下がっていることになります。

平均が10点近く上がることは少ないので、まあ点数が10点上がっていれば安泰でしょうね。

そういう意味で「10点上がらないと上がったとは言えない」には私も同意できます。

むしろテストの点数はそのように平均と比べてみるべきだと思っています。

それでもテストが帰ってきた今の瞬間だけは1点でも上がっていれば(上がってなくても)「すごいじゃん」「よかったじゃん」とほめて、次へのモチベーションを高めることが大事だと思っています。

そのためなら1点だろうがなんだろうがほめれるポイントを探します。

点数が下がっていても、「勉強がんばったところができていた」とか努力したことを認めてあげる必要があると思います。

テストはみんな少なからず本人なりにがんばっているので、みんな出来るだけほめてあげるべきだと思います。

エアコン交換

面談室のエアコンを替えました。

これから教室内のエアコンを順次入れ替えて行きます。

明日も1台入れ替えます。

明日替えるのはキッチンのところについているこれ。

このエアコンは暖房がつきません。(暖房のボタンを押しても冷たい風しか出てこない)

だから今まで冬にご飯を食べる時は寒い部屋で食べるしかなかったのですが、付け替えたら暖かい部屋でご飯を食べられます。

あと古いエアコンは電気を食うのか、寒い日につけているとブレーカーが落ちることが多々ありました。

だから前からエアコンは新しいものに付け替えたかったんです。

3階にも3台あるので、この機会にそれも替えていきます。

一気に5台隣のエディオンさんに頼みました。

総額◯十万です。

でもそんな大金がポンと出せるほど儲かっているわけではありません。

これはコロナ対策の補助金が出たからです。

これらのエアコンは全てウイルス対策ができるエアコンなので、コロナ対策の補助金で買えました!

それがなければとても買えません。

コロナ補助金がなければずっと寒い中でご飯を食べていたと思います。

本当に助かりました。

Follow me!