今日のChicora学園(2/25)ディベート部

今日もテストがちらほら返ってきました。

5科目合計で過去最高点だった子、100点まであと一歩だった子、5科目全部上がった子などうれしい結果が多かったです。

今回私がうれしいのは、今まであまり点数が伸びていなかった子が今回はよさそうな感じなことです。

まだ全部返ってきていないので、どうなるかわかりませんが、順調にいけばその子たちは全員合計が30点は上がりそうです。

あと私がすごいと思っているのは、280点台→290点台→300点台→310点台(今回)と地味にじわじわあげている子です。

派手な点数の上げがないので、塾の広告に載せられるような上がり方ではありません。(前の広告にもこの子は載せられなかった。)

でも毎回上がるのはすごいことですし、1年間連続で上がる子って実はかなり少ないんです。

ほとんどの子がどこかのタイミングで下がります。

あと平均点が毎回下がっている中で上がり続ける、つまり平均点と逆行するのはかなり大変なことです。

こういう地味だけど着実に点数をあげていくのが私の中では一番理想です。

ほとんどの子は上下しながら、全体で見ると少しずつ上がっているという感じです。

ディベート部

今日は久しぶりにディベート部をしました。

人数は少ないのですが、今日はディベートの立論をしてみました。

今日のテーマは「ゴミ袋を値上げすべきかどうか?」です。

本当のディベートは立論(初めにお互い意見を言う)→質疑応答→反駁(相手の意見を受けて再度意見を言う)と言う流れですが、今日は立論と質疑応答までをしました。

ネットで根拠となる事例を調べながら立論を組み立てていきます。

私が肯定側(値上げすべき)、みんなが否定側(値上げするべきではない)に別れて立論をしました。

みんなが考えた否定側は

1日にどれぐらいゴミが出て、どれぐらいゴミ袋代がかかっているかを計算して家計への影響を調べたり

ゴミ袋が高い自治体ではゴミの違反が多くなっている事例などを交えてたりして

説得力の高い意見を発表できていました。

調べて準備する時間が2、30分だったにもかかわらず、私の予想以上にしっかりと意見をまとめていました。

また発表後の質疑応答も結構痛いところをついてきていました。

私はゴミ袋値上げ派で、そのメリットに「ゴミの量が減る」「市の収入が増える」をあげていました。

おそらく桑名市で1年間に6000万円分ぐらいゴミ袋が売れていて、もしゴミ袋の値段が倍になれば1億2千万の収入になると言っていました。(億という数を出せば大金の印象を与えられるからいけるかな?と思っていた)

しかし、「ゴミの量が減るので、値段を2倍にしても収入はあまり増えないですよね?」と結構鋭い質問をしていました。

今までは根拠から意見を出す練習や話を聞いてメモをとる練習など地味なのが多かったのですが、実際にディベート(立論だけだけど)をしてみるとすごくうまいです。

手前味噌ですが、ここまでできる中学生は少ないんじゃないかと思います。

私が思っていた以上のスピードで飲み込んでくれています。

これは感動です。

でも、人数が少なくてディベート部廃部寸前なのが問題…。

LED

昨日教室内の電気を全てLEDにしました。

今まで半分ぐらいLED、残りの半分は蛍光灯でした。

蛍光灯のうちの一本が最近点灯するまでに時間がかかっていたので、この機会に一気に全部LEDに変えました。

アマゾンで買うと意外と安く済みます。LEDの蛍光灯8本買って1万円もかかりませんでした。

教室内がちょっと明るくなったのですが、今日来た子は特に誰も気づいていない感じでした。

まあ、月火休みで4日ぶりぐらいに教室に来る子も多かったですからね。

連続で来てたら気づいたかもしれませんね。

左は元からLEDだった所、右が新しくLEDにした所。

Follow me!