先生一人に生徒二人の1対2の個別指導です

きそがく授業は先生一人に対して生徒二人の1対2の個別指導です。

ここでは生徒一人一人の理解度に合わせた授業を受けられます。

先生が二人の生徒の間に座り一人ずつ交互に指導します。

そのため二人の生徒さんが同時に教えてもらうことはなく、授業内容も異なります。


教えてもらったすぐ後に確認問題を解くことで、勉強内容を効率よく身につけることができます。

80分間ずっと教えてもらうと集中力が持ちませんし、授業が終わる頃には前半の内容は忘れてしまっています。

そのため授業中に問題を解いて知識の定着を図ります。

授業の内容

個別指導ですので、生徒さんの希望に沿った授業進めていきます。

ただ特に希望がない場合などは基本的に学校の先取り授業をします。学校はみんな同じ時間行かないと行けません。そこで授業がわからないと学校の授業時間が無駄になってしまいます。そうならないためにも学校の先取りをして、学校の授業が復習になるようにして、学校の授業時間を有効に使うことができます。

しかし、それができるのは今まで習ったことがある程度身についている生徒さんです。半年以上前から学校の授業についていけていないとなると、学校の先取り授業は難しくなります。そのような生徒さんはまず復習をして学校の授業に追いつくことを目標に授業を進めていきます。

どのように授業を進めていくかは、入塾前の3者面談で話し合って決めていきます。その時にご希望を伝えてください。

先生は担任制だから効率よく勉強できる

先生は担任制で毎週同じ先生に教えてもらえます。ずっと同じ先生なので、生徒さんの弱点、クセなどをしっかり知った上で勉強を進めてもらえます。

また毎回同じ先生だと、お互いの距離が近くなります。距離が近い方が質問などもしやすくなり、より理解度が上がります。

科目は自由に選べます

五科目の中から自分の習いたい科目を自由に選べます。

スタンダードコース小学生で週2回の生徒さんなら、2科目選べます。多くの生徒さんが英語、数学(小学生なら算数、国語)を受講します。2回とも同じ科目(数学と数学)のように選ぶこともできます。

アドバンスコース小学で週3回の生徒さんなら、3科目選べます。
中学生だと「英語、数学、国語」や「英語、英語、数学」のようなパターンが多いです。高校生だと「英語、数学Ⅰ、数学A」や「英語、数学、化学基礎」のようなパターンが多いです。多くの方が英語、数学+特に教科したい科目という組み合わせにしています。
小学生だと「国語、算数、英語(中学校の予習、英検対策)」や「国語、算数、算数」など、国語、算数+特に教科したい科目という組み合わせが多いです。

1回の授業時間

・小学生 1回45分

学校と同じ授業時間で集中しやすいです。

・中高生 1回80分

学校で1週間に進む分量を勉強できる時間です。学校の授業に比べると長いように感じるかもしれませんが、途中先生と雑談などを挟みながら進めていくので、ダラダラと勉強することなくメリハリを持って80分授業を受けられます。体験の時「もう80分たったの?!」「意外とすぐ終わった」と言う声もよく聞きます。

時間割も自由に選べます

時間割は上の図の丸がついている時間で自分の好きなように組むことができます。

しかし先生の空き状況によりご希望に添えないこともありますのでご了承くだい。

中高生は平日19:00〜20:20、20:30〜21:50の時間

小学生は平日16:15〜17:00、17:10〜17:55、18:05〜18:50の時間(水曜は15:20〜16:05)

の時間もあります。

土日は休みです。